バリ島 日本人経営ホテル ローカル情報
10 月30 日から、、実家に、、
その次の日の早朝5 時くらいに豚を殺して、集落で分ける
それをがるんがんのお供え、、ラワールというバリ料理、サティに使います。

31 日は朝からお供えを作る日。
ここで、、ホテルなどスタッフ不足になるんですね。
うちも、、ツアーが入っていて、スタッフがいないその間ココバリ私が帰って店番みたいな、、、そして直ぐまた実家に戻るという
スケで、、、けっこう疲れたのです

ほんとホテルは休むことできませんもんねー。

でもここで、ガルンガン開いててよかった!もう一つ。

病院

ホテル待機のときゲストが具合悪くて、、保険のきく病院へおくっていったのですが
不安は、、、開いてるんか?
でしたが!素晴らしい、、空いてたー。

そして次の日ガルンガン当日
早朝家寺。
ココバリの寺
戻ったら、、息子のヘルペス?がお顔で大繁盛!
直ぐ実家近くのイケメン先生の病院へ。

空いてるんか?ガルンガン、、。

不安でしたが開いてて良かった!

2017110300520421e.jpg

ということで、、ガルンガン恒例の息子娘のお祭りショット!
毎年大きくなってるな、、とかわたしのバリ正装の合わせ方あれこれを画像で残しておきたかったのですが
息子はお顔がえらいことで、、、写真ヤダ!と言われました。

まあ、、それも思い出。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【2017/11/03 00:56】 | バリ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック