バリ島 日本人経営ホテル ローカル情報
日本語で書いてるから、、バリ人男性にむけての発信でないけど、、

痴話喧嘩となる要因を見つけました。


明日の10 時は普段ならバトミントン部開催です。
でも毎回私は先生にメール確認して部員にメールをまわす、部長のような役目です。

こんかいも、、besok bisa? 明日、、出来ます?とバトミントンの先生にメールしたのですが、、

しらない電話番号から、、返信が、、、

Maaf saeco. Besok saya ada upacara de rumah

という、、SMSが、、入ってきた、、。

「ごめんよ、、サエコ。、明日、僕は、家寺の儀式なんだ。」 という内容、、直訳。

?????、、、サエコ、、、誰?

しばらく考えて、、、誰?。。

ああ、わかった!サエコ、、saeco. でなくて shacho とかきたかったんだ!と気ずく。

いつもバトミントンの先生はSMSでわたしにBOSS!と書いてくるからだ!

ああ、こうゆう凡ミスで痴話喧嘩が勃発するんだろな、、

と、、、思ったわたしです。例えばですよ、、

おっさんがフィリピンパブの姉ちゃんがかわいいとおもうのは片言というマジック。

でも、一歩まちがうと、、このような凡ミスで

コノオンナノナマエダレデスカー。ワタシトチガウナマエネー

となるのですよね。


お気をつけてください


バリ人男性諸君!


にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

【2017/10/08 00:29】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック