バリ島 日本人経営ホテル ローカル情報
昨日はオダランというPayanganでの寺の創立祭

正装をしてお祈りに行きます。

バリ人はあちこちのオダランに行くわけでなく

基本は自分の村の3 つのお寺のに関係するオダランに参加します。

なので、、、よく質問されるのが、、

「オダラン行きたいのでウブドのどこでやってますか?」

という質問なんですが、、ブサキ寺院やバリ人が村などと関係なく訪れるおおきな総本山以外

わからないんのですよね。

何処かで必ずオダランはやってるでしょう。でも、、自分の村のお寺以外
興味なし、、、って感じなんですよね。

おおきなオダラン情報はウブドのAPAというサイトでみれば、おおきなお葬式やオダラン情報は
書いてあるので、検索してもいいでしょう。

でもそこもすべてじゃないので、、無い。といったのに、、やってたじゃん!嘘つき!
と、、いわないでください。

基本オダランにいけることは観光客は運。ローカルは義務という名の当たり前の生活なんですから。

201709191255497af.jpg


で、、、ながくなりましたが、、。

昨日のお寺、、cocobalibaliのお客様も案内させてもらったのですが。

お祈りまでの時間が長い。

まだですか?ときかれても、、、そんなもんだから、、、。としかいえない。

なにまってるんですか? なにかな?マントラ待ちかな?、、しかいえない。

丁度飽きてきたところに、、トペン舞踊がまよこで奉納がはじまり、、

こんな近くで、見るの初めて!とお客さん大興奮。

201709191255486c2.jpg

このトペンのシダカリヲォというのが終わったら、、お祈りはじまるからねー。

と言ったら、、また質問。

「バリ人のかたこんなすてきなトペンダンスなんで見ないのですか?」

トペンは御神体に向かって奉納し、、

村のお祈り待ちの人々は背中向けたまま。見ない。

私いわく、、、「奉納なのでこれは観客にむけたものではなく、神様のためだから見なくていいの。」

ときれいにまとめたのですが、、

横のバリ人にもう一回聞いたら

「飽きたの。何回もみてるから、、あきた。」という答え。

情緒もクソもない答え。

まあ、、これが当たり前の生活の方々のほんとうの姿なんだなぁと妙になっとくの答え

でーした。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

【2017/09/19 12:40】 | バリの不思議
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック