バリ島 日本人経営ホテル ローカル情報
毎日のお祈り。

お線香
お花

このお花、茎からきってあるのではなく、お花の部分だけつかいます。

で、、、このお花。

落ちてたものはダメです

カンボジアのお花も木からザクザクおちるのですが、、それも使っちゃダメ。
咲いてるのをもぎ取ったものだけ使えます。

市場でお祈り用に売ってるお花の花びらとか紫陽花なども、落ちてるものでなく
もぎ取ったものなのです。
他の用途に使ったお花。落ちてたもの、、使用不可能です。

20170827120010acb.jpg

お寺にお祈りにいくときも、お花の籠にいれて持っていくのですが
お花を持って行かなくって、他の方にお花を頂いた時も、籠にいれてもらうか、
バナナの葉っぱにいれてもらうか、、もうどうしてもないときはビニールの袋におくか、、
もうここまで行ったら、、気休めなんですが、、。

なにもお花をうけるものがなかったら、、写真のように胸元に置く。

ボインでなかったら無理

なのですが、、とにかく下においてはダメー。

この写真は成人の儀式。ポトンギギのときにお祈りをするのですが
事前にチャナンクアンゲンという手巻き寿司のようなお祈り用のお花を手渡されました。
で、、手に持っておくことはできず、こうして胸元に刺して置いて、使うまで保管。

置いてはならない!が徹底されます。

そして地域によってかわるのですが、このクアンゲンにはゴールデンマリーという
黄色いお花はつかってはいけないという規制まであります。
なのに、、なのに、、ポトンギギの時はゴールデンマリーが使われてる!というか、、それ中心!

日本人だから、、なんでなんで?この時はいいの?とききまくるのですが

知らない

といつものように言われちゃいました。

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ




スポンサーサイト

【2017/08/27 11:58】 | パワースポット
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック