バリ島 日本人経営ホテル ローカル情報
Arabica coffe 高地でとれる品質の高い香り高いコーヒー

ロブスターコーヒー、、低地のまあクオリティーの低いコーヒー
これはバリコピといわれるローカルコーヒーにあたります。
このバリコピ、100 パーセントならいいのですが、ワルンなどで一杯18 エンくらいのは
トウモロコシの粉や米粉が配合されています。
なので香ばしいですね。それもわたし的にはありなのですが、、

ウブドの中心地では、バリキンタマーニ産のアラビカをドリップやらサイフォンで
出す本格的な珈琲のお店がはやってきています。

スミマンコーヒーやジュリアコーヒーといったカフェですね。
おもしろい出し方や、オーナーのこだわりもまた、素晴らしく
コーヒー好きには行ってみる価値ありありです。

私のホテルcocobalibali のあるアンドン地区もペピートやら、カキアンベーカリーやら
ただの田圃破壊地区だったにもかかわらず、、発展を続けてる地区なのですが、、
うちのゲストハウスの入り口に、アラビカコーヒーの本格的珈琲カフェが出来ました。

ローカルはコーヒーには30 円くらいしか出さないので、観光相手ですね。
私もけっこうコーヒー好きです。
とくに酸味のあるキンタマーニコーヒーがお気に入り。

201708260028585f8.jpg

トレーニングをつんだバリ人バリスタが丁寧にいれてくれます。
おごりたかばらず、、いつまでもトレーニング精神をもってコーヒーいれてほしいな!

20170826002900346.jpg

アフォガードなるものもあります!

珈琲が30.000 ルピアくらいで、、なんとビンタンビール22.000 ルピアなんですよ。
朝から、、じゃあ、ビンタンでしょうと、、飲んじゃう私は、、だめですね。


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ



スポンサーサイト

【2017/08/26 00:36】 | ホテル
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック