バリ島 日本人経営ホテル ローカル情報
8月29日はガルンガン。

バリに移り住んで2回目のガルンガン。

バリの一年は過ぎたのだな~と実感して、来たころと変わったことと
言えば、私の怒鳴り声が(子供に対して)エスカレートしたことくらい。
明日のお祈りには、怒鳴る前に考える心をもっとくださいと
お願いしようかな。あ。お願いまえにこの一年健康でありがとうも忘れずに。

27日はPenyajan ガルンガンのお菓子作りの日。
この頃は、市場で、できあいのものを買うのが多くなった。

この日COCOBALIBALIではペンジョール(のぼり)を作った。

P1000008.jpg

スタッフが頑張る!

「いつから、これを作れるようになるの?」と聞くと

「僕はこここにきてから、ニック(前スタッフ親分)に習った」とジュリ。

たった、一回2回で覚えてるんだ。きっと生まれたときから目も覚えてるんだな。

器用である。お飾りは儀式用の仏壇店みたいなとこや、お飾り専門店で

売られているものの、バリの男子はたのもしい。

器用である。

P1000009.jpg

先っちょに着けるお飾り。(既製品)

めっちゃキッチュでかわいい!私の心くすぐるボンボン付き!

P1000010.jpg

今年のペンジョールも青空につきぬけ、明日のガルンガンをまちます。

28日はpenampahan 豚をさばいて、ラワール作り。

この日、私は憂鬱である。

なぜなら、ラワールが苦手なんである。

でも、みんな自慢の家のラワール持ってきてくれるから

どうしても「苦手、、。」とは言えず、この日を迎えます。

しかし救世主登場!息子トトがラワールが好きな模様!

がんばっておかあちゃんの分も食べてくれ。

明日ガルンガン。

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

【2012/08/28 15:45】 | バリ
トラックバック(0) |

ペンジョ-ルいいね^^
yukie
ほぼバリ島じゅう(言い伝えがあってペンジョール飾らない村もあるけど)、
村ごとに微妙に異なる作りたてのペンジョールで飾られたバリは、
ほんと美しいですね。大好きな光景。
でも・・確かに・・バビちゃん料理づくしは苦しいワ^^;



mee
かっわいー飾り!
日本の七夕に飾りたい。
作ってもらって高こう売っちゃろか!?
七夕時期になったらワヤン1人貸してくださいなー。

コメントを閉じる▲