バリ島 日本人経営ホテル ローカル情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

与論島

十代の私は夏、そこのディスコでバイト

まだジュリアナ東京もなかった、サタデーナイトフィーバーの時代。

飲み物は水割りとオレンジジュースのみ!

それも作ってカウンターに並べとくだけ。

夕方になると軽トラでサトウキビ畑をぬけ漁港にいき

「おっちゃん、氷もらっていくで~。」とタダ氷をもらい

セッティングするだけ。

DJブースはあるものの、その中にはカセットデッキのみ

大阪のマハラジャとゆうディスコからダビングしてきた曲流すだけ

でも、ラストの曲はなぜか SASの「虹色THEナイトクラブ」
アンコールはボーイズタウンギャングの「君の瞳に恋してる」
こんな曲でおお盛り上がりなのは 南の島マジック??

昼は星の砂がとれる、百合が浜でパラソル売って、そのパラソルうった

お駄賃でサータアンダーギー食べて海見てた。

責任もなくお金もなく夢とかなかったけど、夢の中の生活だったな。


歳とると回想して あのころにもどってみたいな~と思います

そしたら、無駄な日焼けだけは避けようと心に決めてます。


バリの初ディスコはピーナッツクラブでした!!

なんで今ディスコと言わずクラブというのかな???

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

【2011/06/30 14:04】 | ひとりごと
トラックバック(0) |


noi
そーゆー話って、
なんかビンタン飲みながらほろ酔いで聞きたいなって思ったら、
いつかバリバリの皆さんと行ったウブドのホテルの夜を思い出しました。
プールの揺れる水に光る灯りと、広がる田んぼから聞こえる虫の声は覚えているのに、その時何を話していたかはさっぱりです・・・


noi
いやまてよ、プールの灯りなかったかも・・
たぶん別のホテルだな。
虫の声も蛙だったかも・・・
結局なんも覚えていないe-443

noi
みき
あんときは、私の足の指にロンガンてゆう果物の皮はめて遊んでた
語りとはほど遠いアホな集団やった。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。