バリ島 日本人経営ホテル ローカル情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いやあ、、えらい大変でした。
息子が夜中大ゲロ吐いて、でもケロリンとしてたので
なんか喉につまったと、おもってたのが、、
スタッフ、ココ、最終は私が受けて、、吐きまくってしまいました。

ココとスタッフは病院でウイルス性だと診断されたのですが
この症状、昔にほんの保育園で続々と映って、、わたしは点滴しながら
お迎え行ってたあの時と一緒。
感染症胃腸炎ですね

ふう。でした
スポンサーサイト

【2016/08/05 09:49】 | 子育て日記
トラックバック(0) |
Facebookって過去にアップしたことがあがってくるじゃないですか。
今日自分の2 年まえのFacebookの思いがアップされてて
朝から、ちょっとウルウルきちゃったんだけど、、。

今9 歳のココが学校にもなじめなくって、踊りのレッスンにもついていけなくって
わたしが何で?どうして?今日はどうやった?と聞きまくり、、
ココに、もういいじゃん!とキレられ、また叱責してしまうという、、
そんな文章。

今は学校にも馴染み?。。。まあ普通にイネゴも話し
舞踊も上手くなってきて、、って感じなんだけど
その頃、よくいわれたのが

子供はすぐなれるよ、おぼえるよ。

だった。

たしかに今の状態考えたらそうなのかもしれない。
でもココはイネゴ勉強したし、苦労してたし、笑わなかった。

移住ってテーマなんだけど、、ほんと重いとおもう。
今もバリに放射能とか色々なことで子供ずれが移住をしている。
もちろん親なんて金やらヴィザやら、家やらことばやらで大変だけど
子供なんて、、きっと、わけわかんないけどついて来るしかない。
わたしら家族だってそう。主人がバリ人だから。
バリ人だからいいですねえーなんていわれるけど
わかんない宗教観とか、儀式とかにおいまわされて
それなりに苦労はして、配偶者ヴィザいただいてるんだけど、、。

なぜここに移住を?と子供ずれのひとにきくのだけど
知り合いがいたり、ネットで見てとかがおおい。
子供の学校とか子供の生活とか考えてこないのかな?
バリはこうだから、バリの教育悪いから、バリは食事がとか
バリ人はキッチリ仕事とかしてくれないとか、、、

バリ好きじゃないのかなあ?とか思ってしまう。
まずバリ好きじゃないと、移住は難しいとおもう。
子供だってそんな親通してバリをみてしまうのではないかな?

移住は大人にとってまマニュアルでどうにかこなせるけど
子供はそうではない。

そう言いたかっただけなんだけどね。

【2016/07/23 09:00】 | 子育て日記
トラックバック(0) |
201605250839152d7.jpg

これは新しく開業いたしましたワルンのTシャツを
作ろうということになり、息子7 歳にデザイン依頼したものです。

親バカではありますが、、、
デザイン関係にずっとたずさわっていた私ですが
かなりセンスがあるとおもわれます。

【2016/05/25 08:42】 | 子育て日記
トラックバック(0) |
先日のオダランで娘ココのバリ舞踊の先生である

パヤンガンの美人、神田うの似のイロ先生がオレッグという

蜂の求愛のダンスを踊りました。

私と娘が座ってみていると、、パヤンガンのちびっこたちが

私のところに立ち代り来ては、、、、

「イロ先生はパチャール(恋人)と踊るんだよ」

みんな報告。小学生おませ!

それを聞いていたココちゃん。

先生とパチャールの踊る、オレッグが終わるや否や、、


「おかあさん、パチャール)恋人おる????」

「おるで。」

「へええ。誰・・??」

「佐藤浩一」

「いつ、会うん・?」

「おかあさんは、会った(見た)ことある(テレビで)」

「どこにおんの?」

「日本」

「え!!!じゃいつ踊るん???」

「はあ・・・???」

バリ人はおませだが、、うちの子はまだまだ、、鼻たれや。

パチャールを一緒に踊るヒトと思ってんのかな、、。

しかし、、本物恋人の求愛ダンスは小柳ルミコと賢也のごとく

ネットリ系でよかったざんす!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

【2013/10/15 00:41】 | 子育て日記
トラックバック(0) |

え~
メメニャソラ
そうそう。それが一番みたかったのに、
パチャール誰だろ?
写真無いの?

コメントを閉じる▲
ウブド近郊にあるグリーンスクール

インターナショナルスクールでは世界的脚光をあびている??と

どっかに書いてあったけど、中身はしらないが

バンブーでつくられた学校と言うよか、アミューズメントパークのような

作りは圧巻です。有料で見学あり、、。

なによりその授業料が高額で、、行きたいとか、いいとか、、子供のためとか

そんなこと考えられないくらい、、高い。無理。

その憧れの学校?にCOCOBALIBALIのお隣の子供ジョイが

かよっているのですが、、、、。

ジョイ君8歳(信じられないくらい無駄にでかい!)頻繁にウチの家に

上り込んで、冷蔵庫など物色しているのですが

私とそのグリーンスクールの話になって盛り上がってると

「おかあさん(ジョイは私をこう呼ぶ)はグリーンスクールの先生になれない!」

「なんでさ!」と反撃!

「だって、グリーンスクールの先生はけっしておこってはいけないのだ。」と。

ああ、そりゃ無理だ、、、となっとく。

「だから、うちのダディも無理。」

そらそうだ!

しかし、、、おこらない教育って、、、あるいみすごいな

戸塚ヨットスクール、、、、と交互にいれて、飴とムチ教育もできるかな?

しかし、、、いつも冷蔵庫かってにひらいて

「なんもない家だな~~~」といってるあんたにダメだしされたくないですよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村




【2013/10/07 18:11】 | 子育て日記
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。