バリ島 日本人経営ホテル ローカル情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリの祈祷師、、バリアンと言います
おんなの祈祷師はドゥクンと言います、、一般的には、、。

ブラックマジックにかかってる人が邪気をとる。とか漢方配合とか
未来を占うとか、、そんなことばかりバリのガイドブックに書かれていますが
ヒンドゥーの通過儀礼としてバリアンを訪ねる事がローカルでは多いそうです。
例えば、、、葬式のまえに故人の意向を聞く
例えば、、、生まれた子供の生まれ変わりはだれ?とか
例えば、、、てらに気になる、、現象が現れたから、、聞きに行くとか。

もちろん、、あれこれ、、それにじゅんじたバンタンと呼ばれるお供え物を用意します

なので、、観光客が簡単にバリアンに行く。というのは簡単ではないのですが
今回、、ガイドブックにものっている、、有名なバリアン、チョコルダさんの所に
お客さんを送って行きました。

観光バリアン。失礼ですが、、そんな感じも、、長年ばりに住んでいるわたしには感じられ
ツアーなどにも組み込まれてるので、、ちょっと避けていたバリアン体験でしたが、、、

スピリチャルでない現実派の私が感じた内容になりますが
参考にして下さい。

201804070951368ea.jpg

ガイドブックの写真はずいぶん前のようで、、かなりの爺ちゃんでした。
朝9 時でしたが欧米人の団体がもう何組も来てました。
余談ですが、、写真の外人、、多分ロシア人の3 人。
神様は何故?容姿に差をつけるのだ?というくらい、、モデルクラスの超美人!パイパイもプリプリ!

先ずは、、ドネーションといえども、、300.000 rpをお渡しします。
現地で住んでるわたしには、、つらい金額です。でも2800 円と思えば安いのか?
それはわかんないですが、、。金額はわたしのかちかんが入るので削除。
でも、、不本意なら施術あと、、お金はまた取って行っていい!みたいなことガイドさんに言ってました。

先ずは後ろから肩、あたまなど触って、、血の巡り、ホルモンの流れなどを診て
横になって、その流れを整えましょう。となります。
何人か見てたのですが、左足の指、、を押して、、かなり痛いらしいのですが、、
それから、陰陽師のような空を斬流おまじないのような、、動作をしていらっしゃいます。

このマントラを唱えながらする手の動きは、バリのお坊さんが聖水を作る時にも
する動作で、、不思議で綺麗です。

あっと言う間に、、さあ、、もうながれは整えた!と先ほどの痛がってた足の指を
押して、、もう痛くないだろう。と確認します。

そして、、起き上がったらお顔を愛しく撫でてくれます。
子供をあやすように。
きっと顔のつぼを撫でてるのだと思うのだけど、わたしには
愛しいひと、または愛しい子供の顔を撫でているようにしかしか見えず
目を見つめながら、、優しく優しく、、撫でます。

私、人に触られるの嫌いなんです。
ハグの苦手。
だからスパなんていかない。

でも、、羨ましい。いいな。わたしも撫でて欲しいな。

そう思いました。

チョコルダさんの施術はほんの10 分でしたが、、
時給とかんがえれば高いのかも。
でも現実派のわたしが、、時給とかそんなんじゃないみたいな
心地よさ、、はありましたね。
もちろん、わたしは見て、通訳だけでしたが、、

英語がチョコルダさんはできるので、、簡単な英語なので問題なし。
言葉でなくこれは体感であるとおもいます。

むつかしいたいようしんがシバ神がー!みたいなことはまったくいいません。
言霊ですね。

良かったですよ。
撫でてもらいたかった、、。
でもおさいふに50 円しかなかったしね!笑。

興味があればまたおつれいたします。
どこかのツアーでは予約可能らしいですが、基本予約なし。
午前中にいくのが好ましい。
ココバリから車で20 分くらい、、
居ないこともあるそうです。それは運命。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

【2018/04/07 10:26】 | バリの不思議
トラックバック(0) |
昨日はオダランというPayanganでの寺の創立祭

正装をしてお祈りに行きます。

バリ人はあちこちのオダランに行くわけでなく

基本は自分の村の3 つのお寺のに関係するオダランに参加します。

なので、、、よく質問されるのが、、

「オダラン行きたいのでウブドのどこでやってますか?」

という質問なんですが、、ブサキ寺院やバリ人が村などと関係なく訪れるおおきな総本山以外

わからないんのですよね。

何処かで必ずオダランはやってるでしょう。でも、、自分の村のお寺以外
興味なし、、、って感じなんですよね。

おおきなオダラン情報はウブドのAPAというサイトでみれば、おおきなお葬式やオダラン情報は
書いてあるので、検索してもいいでしょう。

でもそこもすべてじゃないので、、無い。といったのに、、やってたじゃん!嘘つき!
と、、いわないでください。

基本オダランにいけることは観光客は運。ローカルは義務という名の当たり前の生活なんですから。

201709191255497af.jpg


で、、、ながくなりましたが、、。

昨日のお寺、、cocobalibaliのお客様も案内させてもらったのですが。

お祈りまでの時間が長い。

まだですか?ときかれても、、、そんなもんだから、、、。としかいえない。

なにまってるんですか? なにかな?マントラ待ちかな?、、しかいえない。

丁度飽きてきたところに、、トペン舞踊がまよこで奉納がはじまり、、

こんな近くで、見るの初めて!とお客さん大興奮。

201709191255486c2.jpg

このトペンのシダカリヲォというのが終わったら、、お祈りはじまるからねー。

と言ったら、、また質問。

「バリ人のかたこんなすてきなトペンダンスなんで見ないのですか?」

トペンは御神体に向かって奉納し、、

村のお祈り待ちの人々は背中向けたまま。見ない。

私いわく、、、「奉納なのでこれは観客にむけたものではなく、神様のためだから見なくていいの。」

ときれいにまとめたのですが、、

横のバリ人にもう一回聞いたら

「飽きたの。何回もみてるから、、あきた。」という答え。

情緒もクソもない答え。

まあ、、これが当たり前の生活の方々のほんとうの姿なんだなぁと妙になっとくの答え

でーした。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村






【2017/09/19 12:40】 | バリの不思議
トラックバック(0) |
今日はサラスワティの日

土曜日はおやすみの学校ですが、この日は学校でおいのりがあります

バリの男子はバリ衣装を着るとイケメン度があがるといわれていますが

小っちゃい、男の子は、またもやグリグリしたくなるくらいかわえええ==です

CIMG3986.jpg

【2015/05/02 23:19】 | バリの不思議
トラックバック(0) |
CIMG1424.jpg

これが男うけしないクバヤである。


と、、いうのも、、、

私はこのゼブラ柄のクバヤ生地を半年前クバヤ生地屋でみつけ

「おおおお~斬新であるな~」と一目で気に入って

いっしょにクバヤ生地屋についてきた、スタッフ番長ワヤンジュリに

「ねね!!!どう!かわいいやん!どない!???」と

いちようバリ人の意見もきいてみたところ、、、。

「ああ。いいんじゃないすか~でも私の彼女には着せませんがね、、、」と。

ムカつく、、即購入。

その後、スタッフ2人にも生地をみせて

「ね。どう???」と聞くと

「あ、、、ああ、、いい、、ですね」

「クバヤ・・・・???ですか・・」とツレナイ意見。

主人に聞くと

「いいんじゃない^^でも寺にきていくなよ。」

はあああああ~~~~~???????

そうか!つまり男うけしないのだ!

この小京都のようなウブドには伝統的なレースそして

おしとやかな柄がよいのか???

ヒョウ柄が一般的にうけずに、、神田うのちゃんがドレスに仕立てたけど

女性に好評だが、男性にうううう??とおもわれたのと同じなのか???


でもさ、、、結局この柄今や結構みんな着てて

こないだ、苦手な近所のババアまで着てて、、、、

私あ寺にきていくのをいやになったのだが、、

ココとうちの親戚の子供にお揃いでつくってしまった。

だって生地RP30000なんだもん。


クバヤは男の意見はきくな!
教訓である、、、、。

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村


【2013/08/26 17:50】 | バリの不思議
トラックバック(0) |
バリアンとは祈祷師みたいな、、そんざい。

お悩み相談から、漢方のような薬調合やら、、マッサージして

病気なおすやら、、もちろん目にみえない力を持ってる方もいて

その力で病気や、、悪霊払いなど、、したりと。説明が足りないですが色々。

バリでは西洋医学の発展もありますが、まだ日常的にバリアンに

具合の悪いところを相談も、、まだ普通です。


近所にバリアンさんのお家があるのですが
(めっちゃ普通の近代的な家で、、めっちゃ普通のおじさん)

満月やカジャンクリヲンなどの霊気が上がると言うか、、強いパワーの日は

このバリアンさんの力も上がり、日もいい!ということで

バリアンさんところは大盛況。  声がもれてくる、、、。

はじめは なんじゃ!とびびったのですが

憑いてるものとってもらってるのねえ~。となれてくる。

バリのまた不思議を感じる。

そこのバリアンは以前インターネットカフェもやっていて

バリアンとIT企業の兼業でした。

大盛況の次の日もおじさんが、店にいて、ちょとしたお菓子なども売ってるので

買いにいくと、レジ打っていて、、、。

バリアンのおじさんの姿をみてみたいなあ~と思ったりでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村




【2013/01/27 03:40】 | バリの不思議
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。