バリ島 日本人経営ホテル ローカル情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナム、ホーチミン。

バリのパヤンガンに嫁いだ日本嫁2人メメニャソラさんと私は
バリでなくアメリカに恐れられた国ホーチミンにいた。

噂どうり、すごいバイクの量で道路を渡るのに命がけ。

勇気と勘と図太さが勝負である。

その日、アオザイをオーダーしてタクシーの待ってる道路の向こう
に渡ろうとするのだが、ビビリの私は悠然とバイクをすり抜けて
さっさと行ってタクシーにのりこんでしまったメメソラさんに
おいてぼりをくらってしまった。

その頃、メメソラさんはタクシーの中でガイドブックをチェック。
「ねえ、みきさん。次ここいこう、、、。」と
横に座っているはずの私に声をかける、、、が、、いない。
そして、前にいるはずのタクシーの運転手もいない。

ふと、、タクシーの窓から渡ってきた道路の向こうを見ると
私とタクシーのドライバーが仲良く手をつないで道路を
渡っている姿が、、、。

恋に落ちたか?

そうおもったのにちがいない。

メメソラさんの目をぬすんで2人はサイゴンの街で
道路を渡る共同作業。

私は私でこの街で結婚もいいなと思ったり。

きっとドライバーさんは、見ちゃいられない!と
迎えにきて手をつないでくれただけだけど。

もうあれから10数年。

今は私もメメソラさんも自分の子供の手をつなぎ
バリのスピードの緩めぬバイクに

「止まらんかい!」と一喝して図太さが増しました。

デンパサールの街のバイクを見ると思い出す
あの日のサイゴンの思い出です。

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

【2012/05/21 11:06】 | 旅の恥はかきすて
トラックバック(1) |

それそれ!
メメニャソラ
そのエピソード。

あの時私は恥ずかしかったんですよ。
私一人、自分の事しか考えずに、車に乗っててv-393

ベトナムの運ちゃんは、大手のガイドさんみたいに洗練されてはいなかったけど、
メーターがちゃんと動いてるか、オツリが合ってるか、
無駄に遠回りされてないかドキドキだったけど
あの時に、「思いやりのある人は、どこでもちゃんといるもんだ・・・」
と思いました。

・・・恋に落ちたか?というよりは、・・・正直に申しますと
v-510の重い荷物を持って手を引いてあげる
孝行息子っぽく見えまして・・・

運ちゃんのほうが、みきさんよりは老けてましたが・・・
ごめんねv-421


miki
せめて、娘の手を引いた親子なら、、、、、。
まったく言葉の通じないのも、、またいい旅やな。

コメントを閉じる▲
先日、長野の店チョーバリバリで仕事中に、バイトの女の子と
旅の恥の話でもりあがり、みごとNO.1に輝いたのが、私の
パスポート忘れ

海外旅行に行くときよく、(パスポート忘れんときや~)などど
ゆう声があがりますが、実際忘れたアホおるんかいなと思いますが
私です。趣味は海外旅行。旅なれた私がその本人です。
img034.jpg
期限切れのパスポート渡したときの地上乗務員のおねいちゃんと私の
凍りついた時間はわすれられません。

で、ウチのバイトの子の恥なんですが、バリでホテルを経営してる
私もスルーは出来ない
もう10年くらい前らしいけど、彼女もバリに友人と3人で旅行。
アメドに泊まった際、そのバンガローのタオルがエルモちゃんで
かわいかったそうで、おもちかえり(備品やんか~)

で、そのまま次のクタのホテルに滞在中。
なんと、アメドのホテルの方から電話があり(タオル持って帰られましたよね?
お返ししてほしいので今からそちらにとりにうかがいます。)
とのこと。そして全部で3枚3人それぞれ、1枚くらいなら
分かんないや~と思って、3人が3人ともタオル、ネコババ
してたとゆう結末。なにやってんねん。
みごとにダサい。とゆうかアメドからクタまで取りに来たバンガローのかた
ほんま、いいにくかったと思うけど頑張った

今のウブドのCOCOBALIBALIもベットカバーが2枚なくなりました。
本物のバティックをオーダーメイドでキルティング加工したちとお高いもの。
持って帰るのもかさばるし大変やったと思うけど、やめて~

バイトの子にも(もうやめろよ~、ウチのホテルでやったら
バイト代、ぜんぶタオルにすっからな)といっておきました。 

【2011/01/19 13:00】 | 旅の恥はかきすて
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。